健康管理システムを利用して業務を効率化

TOP > 健康管理システムについて > 健康管理システムを利用して業務を効率化

健康管理システムを利用して業務を効率化

もし第一線の社員が病気やケガで会社を休むことになったらそれなりの影響が出るかもしれません。
代わりの人材がいればいいですが、いなければ穴ができた状態で事業を運営する必要があり、業績悪化につながる可能性もあります。
これまでは個々の社員の健康管理は自己管理に任せるところが多く、時には病気の社員に無理やり仕事をさせるところもあったようです。
健康診断に関しては各社で行っているもののその時に出るデータの管理をするほどでもなく、資料を一定期間保管するだけで健康状態を把握していないところもありました。
社員には結果を渡しますが、健康を気にする社員はその結果を見て改善しようとする人もいれば、よほど悪くない限りは特に改善をせずに結局病気を発症してしまうこともあります。
もし会社が管理をすれば病気などを防げるかもしれません。


では実際に健康管理をしようとするとどうなるかですが、パソコンなどで社員それぞれの健康診断の結果を入力し、それぞれの評価などをしていきます。
データがたくさんあればその分比較などがしやすくなり、ある年に受けた数値が前年よりも良くなったとか悪くなったなどを把握できるようになるでしょう。
ただ健康診断の結果項目は非常に多く、それを多くの社員分登録するのは大変です。
そのために時間を取られることもあるでしょう。
そこで取られる方法とし健康管理システムの導入があります。
これまで手作業や入力程度しかできなかった健康診断の情報をし易くしてくれます。
健康診断お情報などは医療機関から送られてきますが、紙のデータではなくパソコンでやり取りできるデータなどにしてもらえば入力の手間も減らせます。


健康管理システムを使って行いたいのは、健康に問題がある社員や将来的に問題が起きそうな社員の把握です。
健康診断で所見ありや要再検査などが出ると問題があるとしていましたが、システムに登録しておけば一定の条件にあてはまるときに抽出をしてくれます。
既に問題が起きている人とこれから問題が出てきそうな人をランク分けして、それぞれのランクに応じた指導などができるようになっています。
肝臓の状態が良くない人がいれば、お酒の量を減らす指導をしたり、肝臓に負担がかからないよう仕事の量を減らすなどを指示したりができます。
現在問題がある人の管理をすれば問題がなくなるかもしれませんし、これから起きそうな人に対しても一定の管理をすることで問題が起きない状態が続けられるかもしれません。
容易に社員の健康管理ができるようになります。

次の記事へ